岡田ジャパンに新ユニホーム

 これテレビで見たんですがデザインが良いとかは素人なんでよくわかりませんが機能が良いなと思いましたね^^

なんでも使ってる素材がすぐ乾くとか軽いとか色々言ってました。

動きやすい素材でもあるみたいです、こういうのってほしい人はほしいので買うと思うんですが1万ちょっとの値段だったからビックリ出ス。

 だってTシャツみたいなものなのに1万って高っです。

 ヤフーニュースより引用

この“戦闘服”でアジアを勝ち抜く-。日本サッカー協会とアディダスジャパンは24日、日本代表の新ユニホームを発表した。26日のチリ戦(国立、午後7時10分開始)でデビューし、2月6日からのW杯アジア3次予選、9月からの同最終予選をこのユニホームで戦う。
 ホーム用は従来の青より明るい青を基調に襟部分にエンブレムの黄色、日の丸の赤を配置。前面には勝利と飛躍を意味する金色の細い線が入った。同時発表されたアウエー用も基本デザインはホーム用と同じ。白を基調に、襟には赤と黄色を配している。

 選手たちが驚いたのはその機能性。従来の素材の約80%となる軽量化を実現したほか、吸水性は2倍、乾燥スピードも1・8倍と、汗をかいても不快感を感じない素材を開発。高温多湿のアジアを勝ち抜くために必要な機能が備わっている。

 欧州からコメントしたMF中村俊輔(セルティック)は「とても薄くて軽い。アジアの暑さでもストレスを感じずにプレーできるのはありがたい」と絶賛。2010年南アフリカW杯出場へ強い味方となりそうだ。

 また、日本代表用を基調にフットサル代表、女子日本代表(なでしこジャパン)用のユニホームも初めて独自開発。フットサル用はシルエットが細く、女子用はなでしこの花のピンクを前面などに使用し、それぞれの特徴を出した。

 日本代表ユニホームのレプリカは25日から発売される予定で、半袖は1万395円、長袖は1万1500円。

タグ:戦闘服 アジア 日本サッカー協会 アディダスジャパン 日本代表 新ユニホーム W杯アジア3次予選 ユニホーム 青を基調 エンブレム

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中